診療のご案内

診療案内 神経ブロック療法について リハビリテーションについて MRI/骨密度検査 よくある質問 採用情報

TEL:0466-27-8388


かすが整形外科公式Instagram

神経ブロック療法について

神経ブロック療法とは

神経ブロック療法とは、神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、痛みをなくす方法です。麻酔薬が神経に作用し、痛みの伝わる経路をブロックすることで、痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで血流がよくなり、筋肉のこわばりもなくなります。一回で痛みが完治するものではなく、薬物療法と併せて複数回実施するのが一般的です。神経ブロック療法には、いくつか種類があり、痛みの種類や症状により使い分けます。

主なブロック療法とは

仙骨裂孔ブロック
腰椎椎間板ヘルニアおよび脊柱管狭窄症においてもっとも頻繁に行われているブロック療法です。その理由として、患者さんへの負担が少ない(あまり痛くありません)、合併症が少ない、効果が判定しやすい、手技的に寛容であることなどがあげられます。実際、2〜3回程のブロックでよくなられる患者さんをよく見受けます。

硬膜外ブロック
硬膜外ブロックとは脊髄の外側に存在する硬膜外腔に薬液(局所麻酔薬およびステロイド剤)を注入して神経をブロックする方法です。