診療のご案内

診療案内 神経ブロック療法について リハビリテーションについて MRI/骨密度検査 よくある質問 採用情報

TEL:0466-27-8388


かすが整形外科公式Instagram

診療案内

整形外科

整形外科は運動器官を構成するすべての組織(骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷)を対象として診療、治療を行います。


【主な症状】
外傷(骨折、脱臼、打撲、捻挫、きず、やけど など)
ひざの痛み、はれ、変形
肩の痛み 肩こり くびの痛み
背中、腰の痛み ギックリ腰 坐骨神経痛
手足の痛み、しびれ、こわばり
長い距離が歩けない 足がむくむ 足がつる
骨粗鬆症 痛風 関節リウマチ
スポーツ障害(膝痛、テニス肘、野球肘、野球肩 など)
巻き爪 外反母趾 交通事故によるげが
労働災害 など


■MRI

MRI(Magnetic Resonanse Imaging;磁気共鳴画像)検査とは、X線撮影やCTのようにX線を使うことなく、その代わりに強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査です。

詳しくはこちら
MRI

■骨密度検査

骨密度は骨の強さを判定するための代表的な指標です。骨の中にカルシウムなどのミネラルがどの程度あるか測定し、若い人の平均値(YAM)とくらべて自分の骨が何%であるかで表されます。骨の状態を知る上での指標になります。

詳しくはこちら

■超音波検査(エコー検査)
放射線をあびることなく体の内部の状態を画像で表示できるものです。
一般的には胎児の状態を確認したり、内科の検査で多く使われてきたものですが、当院では東芝メディカルAplioを導入して、レントゲン検査では判断の難しい軟部組織の状態を把握するのに行っております。
腱・筋・靭帯の損傷、微細な骨折、小児の骨折、軟骨の状態、出血の有無、ガングリオンなどを確認することができます。また、体への影響や痛みもなく安心して検査を受けていただけます。
エコー

【検査方法】

対象部位にゼリーを塗り、プローブ(検査端末機)をあてることにより、画面にそこの部位がリアルタイムに映し出され、その場で治療方針の判断ができます。 


リハビリテーション科

運動器リハビリテーションを行います。
治療器、牽引装置、ウォーターベッド、ホットパックなどを用い、痛みや運動制限に対しての治療を行います。
最新鋭リハビリテーション、リラクゼーション機器を備えております。

紹介先病院について

当院では大学病院及び近隣の総合病院と連携して地域医療を行っております。
入院や専門的な検査が必要な場合には、最適な医療機関をご紹介させていただきますのでご相談下さい。

医療法人湘和会 湘南記念病院
医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院
藤沢市民病院
医療法人徳洲会 湘南藤沢徳洲会病院
一般財団法人同友会 藤沢湘南台病院
東京慈恵会医科大学附属病院